The Study of Bag End

ザ・フレンドシップ・オニオン、今週のハイライト「6時のトゥインキー」

2021年5月30日:一部訂正しました。該当箇所はしばらく太字にします。(該当箇所へ移動する

映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作ででメリーを演じたドミニク・モナハンさんと、ピピンを演じたビリー・ボイドさんのポッドキャスト『ザ・フレンドシップ・オニオン(The Friendship Onion)』が2021年5月18日からスタート! 毎週火曜に二人の楽しい会話が配信されるのはうれしいですね! 元気をもらえそうです。以降、俳優のみなさんのことは親しみをこめて、ドムとビリーさんと表記します。

このポッドキャストについて初耳というかたは、よろしければ「ドムとビリーのポッドキャスト『ザ・フレンドシップ・オニオン』始動」もご覧ください。

時々、こんな風にポッドキャストで特筆すべきところを「今週のハイライト」と題して取り上げてみようと思います。配信プラットフォームは複数ありますが、ここでは映像付きのYouTubeで見ていきます。なお、当ウェブマスターの英語、特にリスニングは実用レベルにないのでご参考までにお読みいただければ幸いです。

5/18配信「6時のトゥインキー」のハイライト

初回配信の題名は「6時のトゥインキー(Six O’Clock Twinkies)」。…トゥインキーってご存じですか?(後述します)

ポッドキャストをはじめた理由

二人はロサンゼルスのスタジオからこのポッドキャストを配信しているそうです。「ポッドキャストの初回配信でとても興奮してるよ!」とドム。こんな調子で始まります。

ドム
ポッドキャストに招待されたことあるかい?
ビリー
前は知らんぷりしてたんだけどね。
ドム
合わないんだよね。
ビリー
ベッドから出たくないんだ。
ドム
でもこれは自分のだから、ベッドから出てもいいと思ったんだよね。
ビリー
それに世界中で一番好きなドム・モナハンのだからさ、犬も含めてね。

0:24〜 Six O’Clock Twinkies – The Friendship Onion

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズをきっかけに出会って以来、ドムとビリーが大の仲良しなのはご存じの通り。

二人でポッドキャストを開始した理由は、二人は友達としての付き合いを楽しめるベストな方法をいつも探していて、ポッドキャストなら自然体でいられて、一緒に過ごす時間を楽しめるんじゃないかと思ったんだそうです。それに、ラジオのような時間制限もなく、好きな時に好きなだけ、繰り返し聴くこともできるところがポッドキャストの利点だと思っていると、ドム。

ポッドキャストの内容は、『ロード・オブ・ザ・リング』の話題はけっこうな頻度で、他にも映画や音楽など、二人の長い付き合いの友人の間の会話を聞かせてくれるつもりみたいです。視聴者ともクイズや質問などを通してやり取りしたい、ということで、さっそく質問も届いていました。

視聴者からの質問「撮影の準備で何度『指輪物語』を読みましたか? どの巻がお気に入りですか?」

この質問は8:57〜から。

ドムが『ロード・オブ・ザ・リング』の原作『指輪物語』を初めて読んだのは15〜16歳の頃だそうです。12〜13歳の頃にはすでに『ホビットの冒険』を読んでいたけれど、お父さんに「1000ページもあるからもうちょっと待ったほうがいいかも」と言われていたんだそう。家にはくたびれた『指輪物語』の本があったようで、ドムがそれを読む時には最後の数ページは剥がれてなくなっているんじゃないかと心配したほどだと。

俳優業をはじめる前に製本屋で働いていたビリーさんは当時、工場で作った本はたいてい全部読んでいたそうです。けど『指輪物語』は長過ぎると思って読まなかった。製本の仕事をやめ、演劇学校を出て、劇場で働いてる頃の電車での通勤時間に読んでいたみたいです。ビリーさんの頭の中では「ピピンと他の人たちの物語」になっていたというからおもしろいですね。

それで、肝心の質問には回答していませんでした(笑)。

視聴者からの質問「二人の強い友情の理由は?」

この質問は13:37〜から。

ドムは「説明は難しい」けど「ある種の化学反応の魔法」のようなもので、「たぶん、主要撮影、再撮影ととにかく長い時間を一緒に過ごしたから。」。一方、ビリーさんはそれぞれ UK の大きな都市、マンチェスターとグラスゴーで育って、要約すると音楽やパブなどの文化をすでに共通点として持っていたことが挙げられると思う、と話していました。

視聴者からの質問「子供の頃のお気に入りの映画は? 子供の頃に好きだった映画で、俳優を志したきっかけになった作品はありますか?」

この質問は20:07〜から。

ビリーさんは、『ピンク・パンサー』と『ピンク・パンサー3』、『シンバッド七回目の航海』を繰り返し観ていたそうです。大人になった今は、再視聴する作品は少ないとしながらも『スパイナル・タップ』、『Gregory’s Girl』を挙げていました。

ドムは「退屈させるようなことは言いたくないけど、『スター・ウォーズ』は映画を好きになるまでの架け橋だった」と話していました。

「ドムとビリーの Eat the World」(トゥインキー試食会)

この話題は27:53〜から。

前段に、二人がタイで激辛料理を食べた後ビリーさんが腹痛でたいへんだった話があるんですが、新たな食べ物にチャレンジしてみるポッドキャスト内のコーナーだそうです。食べ物も募っていますよ。

初回は、タイトルにもある「トゥインキー」。アメリカのジャンクフードとして有名だそうですが、二人とも食べたことがないので、この度のチャレンジとなったようです。何でもホラー・コメディ映画『ゾンビランド』でウディ・ハレルソンが演じた主人公のお気に入りののお菓子らしい。これかな…

ビリーさんの評価は、10点満点中7点。想像していたよりよかった。紅茶と一緒に注文したい。
ドムの評価は、10点満点中5.9点。細かいですね(笑)。

タイトルの意味は、試食中に中央部にクリームが少なかったことから、「時計の文字盤から(真ん中の)6が抜けたようなトゥインキー」と形容していたことから「6時のトゥインキー」になった……んじゃないかなと思うんですが、どうでしょう?

『ロード・オブ・ザ・リング』のクリップ鑑賞

この話題は49:58〜から。

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』でブリー村を出て、アラゴルンとホビットたちが裂け谷に向かう場面のクリップを二人で視聴。もちろん「二度目の朝食は?」の有名なせりふと、ピピンの頭にりんごがぶつかるところまでしっかりと(笑)。

ドムによれば「何か投げたらおもしろいんじゃない?」とPJに提案したのはヴィゴじゃないかということです。ビリーさんが別のところでお話していたんですが、あのりんごはどうやらカメラの後ろからヴィゴが直々に投げていたみたいですよ。ビリーさんによれば「あんな楽しそうなヴィゴは見たことない」ということです。

なお、このブリー村から風見が丘のふもとまでのシークエンスは、ニュージーランドのいろんな地域で別々の日に撮影して組み合わせたものだそう。

二人がヴィゴと初めて一緒に撮影したのは、風見が丘の場面だそうです(ヴィゴ自身、たしか最初の撮影はナズグルを撃退する風見が丘の場面だったと思います)。「二度目の朝食」の場面は、ふだんは正確に天気予報を把握しているクルーですら予想外の瞬間的な吹雪に見舞われて苦労した話などもありました。

この他、ゲストを招いてのクイズコーナーは『指輪物語』と『ロード・オブ・ザ・リング』にまつわるもので、おもしろかったです! ビリーさんは収録後、トゥインキーを買いに行くと行っていましたよ。一度食べてみたいものですね。