The Study of Bag End

『Letters from Father Christmas』100周年記念版 2020年10月発売

トールキン家の長男ジョンが3歳の時のこと。「ファーザー・クリスマスってどんな姿で、どこに住んでるの?」と彼が父に尋ね、トールキンがファーザー・クリスマス(サンタ・クロース)になりかわって、手紙を送りはじめてからちょうど100年の今年、『Letters from Father Christmas』の100周年記念版が発売になります。

2019年に函入りのデラックス版が刊行されましたが、こちらは普及版にあたるものと思われます。イギリス版は、アメリカ版はです。

出版社による紹介文(イギリス版)

拙訳
1920年に初めて「ファーザー・クリスマスからの手紙」が出されたことを記念して出版される、トールキンの有名な「ファーザー・クリスマス」からのイラスト入りの手紙を美しく大判にしたこのエディションは、魅力的な手紙、写真、装飾うされた封筒が多数収録され、あらゆる年代のトールキンのファンにとってクリスマスの楽しみになるでしょう。

毎年12月になると、J・R・R・トールキンの子供たちのために、北極から切手が貼られた封筒が届きました。中には、奇妙なくもの脚のような筆跡の手紙と、美しい色使いの得やスケッチが入っていました。

それは、ファーザー・クリスマスからの手紙でした。

彼らは北極での素晴らしい生活のことを話しました。トナカイが脱走してプレゼントをあちらこちらに散らかしたことや、事故に遭いやすいホッキョクグマが北極に登り、ファーザー・クリスマスの家の屋根からダイニングルームへ落下したこと。どのように月を4分割にして月の中の男を裏庭に落としたのか、家の下の洞窟に住んでいる厄介なゴブリンの群れとの戦いがあったことなどです!

ときにはホッキョクグマがメモを書き、別のときにはエルフのイルベレスが優雅で流麗な文字を書き、物語に命とユーモアをさらに与えました。老いも若きも、トールキンの『ファーザー・クリスマスからの手紙』の独創性と「真実味」に魅了されるでしょう。

1920年代から1940年代にかけて、子供たちに宛てて書かれたトールキンの魅力的なファーザー・クリスマスの手紙を収録した定番のお祝いの本が、豪華なハードカバー版に生まれ変わりました。この本には、初公開のものも含め、彼の素晴らしい手紙や絵の高品質なデジタル複製と、ベイリー・トールキンによる改訂版のイントロダクションが収録されます。

出版社の紹介文には、編者のベイリー・トールキンさんによる紹介文とトールキン直筆のメモが今回はじめて収録されるということです。ですが、前述のデラックス版に収録されたものと同じものを指している可能性もあるのでは……?と見ています。

イギリス版

Letters from Father Christmas: Centenary edition

作 J.R.R. Tolkien

発売日
出版社
HarperCollins Publishers
ISBN
0008406847 / 9780008406844
ページ数
208
定価
£20.00
公式情報
Letters from Father Christmas: Centenary edition by J. R. R. Tolkien – Hardcover | HarperCollins

アメリカ版

Letters From Father Christmas, Centenary Edition

作 J.R.R. Tolkien

発売日
出版社
HarperCollins Publishers
ISBN
0358389887 / 9780358389880
ページ数
208
定価
$28.00
公式情報
Letters From Father Christmas, Centenary Edition | HMH Books