The Study of Bag End

『ロード・オブ・ザ・リング』IMAX版上映 隣国の状況

今年は2001年12月に『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』が公開されてから20年という節目の年。20年ですよ! 当時の自分が何歳だったかを思い出さずにはいられないほど年月が経ちましたよね(日本では2002年3月公開でしたので、われわれ日本在住の身には真の20周年とは来年のような気持ちもありますが)。

海外では昨年末に4K UHDブルーレイの『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』が発売されたり、今年2月には『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のIMAX版の上映がはじまり、イライジャ・ウッドさんとダニエル・ラドクリフさんの対談が雑誌の特集にされたり、キャストの再結集イベントがあったりしました。

さらに、これはうわさですが TheOneRing.net の2020年11月の記事によると『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の「4K Ultimate Collectors’ Edition」が今年夏に発売されるらしいですから、2021年はファンにとってお楽しみがまだまだある年になるかもしれません。

ここまで読んですべて海の向こうの話だということにお気づきでしょうか😢

2月から3月上旬にかけて、日本でも『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』IMAX版上映の報が(わたしの知る限り)二度ほど駆け巡りました。しかしながらこれはいずれも誤報で多くのファンは沸いた後に落胆するという展開を、二度も経験しなくてはなりませんでした。悲しい。

IMAXが上映できる劇場には限りがありますし、他の作品との兼ね合いも考えればコロナ禍の今は、スケジュール編成が難しい時期でしょうから、続報を待つことにします。二度あることは三度ある、といいますが、三度目の正直のほうを信じたいですね。

ところで日本の隣国、韓国や中国、ロシアでは、PJ自らリマスターされた『ロード・オブ・ザ・リング』IMAX上映がはじまったり、もうすぐはじまるようです。

韓国の映画館メガボックスでは、すてきなオリジナルチケットを用意されたそうです。それがこちらなんですが、素敵ですよね。しかも三部作分あって、全部集めるとサウロンの「一つの指輪」(アッシュ ナズグ…)の銘が完成するという凝り様。

さらに中国で上映されるIMAX版は3Dなんだそうです。追記あり

『ホビット』シリーズは IMAX 3D で鑑賞しましたけど、おもしろかったですよね。ビルボのチョッキのボタンや、スマウグが跳ねさせた金貨が自分の顔に当たるんじゃないかというような体験をしたのが懐かしいです。

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズもぜひIMAX 3Dで鑑賞したいですね。ぜひ日本で上映の暁にはIMAX 3D上映もありますように!

追記(2021/04/15): Weibo のワーナー・ブラザーズの投稿を確認したところ、2Dと記載がありました。これを公式情報とし、記事を訂正しました。 もどる