The Study of Bag End

スパイレポート:アマゾンの『指輪物語』から20件の新情報が明らかに(TORn翻訳記事)

この記事は、TheOneRing.net の「Spy Report: 20 new details emerge from Amazon’s Lord of the Rings: Characters, Sexless Nudity and Halflings!」(2021年7月20日投稿)からの翻訳転載です。執筆者のクリフォード・ブロードウェイ(Quickbeam)さんに翻訳と掲載についてご快諾いただいたことを、より楽しみになる情報を届けてくださったことと共に感謝いたします。

以下に翻訳全文を記載します。素人の翻訳ですが、これからドラマ版『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』を楽しみに待つ人に知ってもらいたく翻訳させていただきました。詳しくは原文も合わせてご確認ください。なお、本文中の『指輪物語』のページ番号及び引用は、『新版 指輪物語』ハードカバー版によります。

スパイレポート: アマゾンの『指輪物語』から20件の新情報が明らかに。登場人物、性的ではないヌード、そして小さい人!

アマゾン・スタジオの『指輪物語』第二紀のシリーズは、18カ月に及ぶ制作期間中ずっと秘密主義で知られている。だが、ニュージーランドから届いた匿名のスパイ・レポートのおかげで、ようやく10億ドル規模のシリーズの内部情報が少しずつ明らかになってきた。今回のレポートの大部分は、製作関係者からの情報であることから、現在のところ正確であることが確認できた。

これらのスパイレポートの大部分は、箇条書きで簡潔に送られてきたため、以下で紹介する[スタッフライターであり、毎週ホストを務めるクリフォード・ブロードウェイが、角括弧内に状況と論評を補足した]。われわれのスパイ・ホットライン(spymaster@theonering.net)は、21年経った今も変わらない。TwitterInstagram の DM も開放している! ニュージーランドで情熱を持って熱心に働くアーティストや職人を讃えるために、彼らの奮闘に光を当てファンの熱意を受け入れる手助けをしている。これまでトールキンの映像化に取り組んできた勇敢な映画製作者の場合と同様に、ファンダムは惜しみなく遠くから励ましを大きな声で送ると同時に、われわれのとめどない好奇心を十分に満たしてくれる。熱心なファンダムの見事な伝統である。

知識、法的権利、そしてトールキン財団

まずはじめに、トールキン財団は進捗に“とても満足している”と聞いている。これまでの[1978年のバクシ版やピーター・ジャクソンによる6作の中つ国作品を含む。最新の契約に基づく]『指輪物語』の映像化より深くこの作品に関与し、製作過程を楽しんでいるようだ。番組のこの全体としての計画はプロダクション対し徐々に自信をもたせ、さらに多くの作品の権利を与えられた。

  • 【確認済み】 『シルマリルの物語』と『終わらざりし物語』の一部の要素/一節を、史上はじめてアマゾン・スタジオがライセンスを取得した[これらはヌーメノール関連と『第三紀と指輪のこと』の書籍からのセレクションであり、先行してヌーメノールとより多くのことに言及した『指輪物語』追補篇でライセンスを得ている物語に対する完全な権利ではないかと、大まかに推測している。俳優たちは18カ月のうちに『シルマリルの物語』の写真を Instagram に投稿していた]。
  • アマゾンには商品化権がある
  • 物語の専門家あるいはトールキン研究者の3人が一時的に映画のセットいた
  • トールキン財団は進捗にとても満足しているという

制作の詳細

  • 人間族、エルフ族、ドワーフ族には、様々な自由の民のために隔離した製作ユニットがそれぞれある[この話の興味深いところはむしろ、物語が長い時間の流れの中で構成されるか、様々な歴史的観点の断片から語られるかもしれないと示唆している点だ。ことによると、シーズン1は様々な自由の民の登場人物がみな同じ出来事に反応するか、協力し合うこともなく順番に登場する、作品集のようなアプローチをするかもしれない]。
  • 台本は、アクセスできる人物を追跡する厳重な管理体制のもと、デジタル化され俳優とスタッフのあいだで共有される。
  • “本物の制作とは無関係”の偽物のセットでおとり映像の撮影をする、偽の制作チームが存在する[そのため、「ロケ地の目撃情報」の中には、人をだますホビットによる誤った手がかりがあるが、これが実に巧妙だと認めざるを得ない。ピーター・ジャクソンは決しておとりを使わなかった!]
  • メインユニットは2021年4月に撮影を終了した。多くの俳優はイギリスへ帰国したか、他の作品の制作に入った。
  • J・A・バヨナのエピソードは、シリーズへの独立した入口である[長編映画のようなもの]
  • 「LOTR」と「ホイール・オブ・タイム」はクルーや監督を共有している
  • まだ発表されていない、素晴らしい監督やビッグスターがいる
  • 2022年中頃の配信開始を目標としている[あと1年しかないので、ポストプロダクションへの精神的な重圧は並外れたものだろう]

人間族、エルフ族、ドワーフ族、そして“初期の小さい人”

中つ国シネマティック・ユニバース、腐敗と放浪、同盟の欠如にあふれた第二紀へようこそ!

  • 小さい人の中には、濃い色の肌を持つホビット庄のホビット族の前身が存在する。おそらく「互いに幾分異なる三種族」の一種族であるハーフット族のようだ。[『指輪物語』の序章「ホビットについて」8ページにある「あとの二つの種族にくらべて皮膚の色が茶色っぽく」そして「早くから西方への移動を始め」のトールキンによる説明は、彼らの種族放浪時代か、ひょっとすると霧ふり山脈を越えて西へ向かう旅の記録を残さなかった、さらに前の時代をほのめかしている(ホビット庄移住前のホビット族の遠い時代の祖先が、第三紀ではなく第二紀に語られる理由の説明があるかもしれない)]。
  • サー・レニー・ヘンリーはこのような初期の小さい人の役を演じる[ハーフット族]
  • 指輪製作者のケレブリンボールは配役が変更された
  • トム・バッジがその役を演じていた
  • 洞窟トロルと呼ぶことができず、アイス・トロルとして言及される生き物がいる(ワーナー・ブラザーズのライセンスによる制約)
  • ヌードはわずかで性的魅力を与えるものではない―初期の懸念とは逆である。むしろこの芸術的な選択は、犠牲者を強制収容所形式で描くことを示唆する非常に暗い主題の素材であり、闇の力でエルフ族が堕落し最終的にオークになる悲惨な描写を表している
    編者注:もしこれが完全に実現するなら、この制作そしておそらくはトールキン作品を翻案しようとする人々の中で、最も野心的な取り組みになるだろう
  • エルフ族は短い髪型をしている[賛成か反対かをTwitterのスレッドでも、投票でも、無数の素敵なファンアートの集まりでも、ファンのみなさんぜひお寄せください。応援しています。]
  • サウロン/アンナタールはシーズン1では明かされない[ショービジネスの最も古い格言「常にもっと知りたいと思うようにしておく」に従う]

Quickbeam がこの興味をそそるスパイレポートを詳細に分析する。YouTubeでご覧ください。アマゾンのLOTRテレビドラマの配信開始まで先は長いですから、何か情報があれば spymaster@theonering.net へご一報ください。

関連記事