The Study of Bag End

トム・バッジ、降板へ―ドラマ版『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』

残念なお知らせです。

アマゾン・プライムで配信予定のドラマ版『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』(当サイト記事一覧)は現在ニュージーランドで撮影中。すでにシーズン1のエピソード2までは昨年中に撮影が完了し、2021年に入った頃にポストプロダクション中で、今年に入ってエピソード3以降を撮影中のようです。

ところが、2020年1月に出演が発表されていた15人の俳優のうちの一人、オーストラリア出身のトム・バッジさんが降板することになってしまったようです。これは、トムさんご本人のInstagramアカウントへの投稿(url)で判明したものです。(メッセージ拙訳はこちら)ちなみに、トム・バッジさんの役柄は不明でした。

トムさんの出演作を観賞したことがないので、気品に満ちたこの写真を見て、どんな役を演じるのだろうと想像するのも楽しかったですし、ドラマでお姿を拝見できることも待ち遠しかったのですが……残念です。

この投稿をInstagramで見る

The Lord of the Rings on Prime(@lotronprime)がシェアした投稿

以下がトム・バッジさんからのメッセージです。

原文
Hello loves, It is with great sadness that I am writing to tell you I have departed Amazon’s ‘Lord Of The Rings’ television series.

After recently seeing the first episodes shot over the last year Amazon has decided to go in another direction with the character I was portraying…

I must thank the creative team for their encouragement towards trying something that I believed was new, exciting and beautiful.

And I sincerely thank the extraordinary cast and crew for their love, support and friendship over what has been a very difficult and unusual experience. Alas, some things just cannot be.

Destiny my mother, I thank thee.

x
Tom

拙訳
大切なみなさん、こんにちは、お伝えするのはたいへん悲しいことですが、AmazonのTVシリーズ『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』から外れることになりました。

先ごろ昨年撮影された最初の数エピソードを見たAmazonは、私が演じていた登場人物を別の演出に変更することを決めました……。

新しく、刺激的で美しいと信じることへの挑戦に励ましをくれたクリエイティブ・チームには感謝しなければなりません。

それから、とても困難でまれな経験のなかである関わらず、素晴らしいキャストとスタッフからの愛情とサポート、友情に心から感謝しています。残念ですが、どうにもできないこともあります。

運命の母よ、感謝いたします。

x
トム

前述の通り、2020年中には最初のエピソード2まで撮影されたようです。

このような降板はピーター・ジャクソンの映画シリーズ『ロード・オブ・ザ・リング』にもありました。当初、アラゴルン役にキャスティングされていたスチュアート・タウンゼントさんは、若すぎることを理由に降板になりました。それでヴィゴ・モーテンセンさんが大至急起用されたのですよね。息子のヘンリー君が『指輪物語』の大ファンだったことで役を受けることにしたという逸話は、DVDの特典映像でも語られましたから、ファンの間では有名です。

話がそれました。トムさんのメッセージからは、アマゾンが登場人物の扱いを変更を加えようとしていることが伺えます。彼が演じた登場人物は全く登場しないんでしょうか? それとも最初の数エピソードには出演して、その後は死んだり、去ったりするんでしょうか?

以下は素人の推察でしかありませんが、こうした公表をするからにはおそらく前者ではないかと思います。全く登場しないか、トムさんとはかなり違った俳優さんが別に起用されるかのどちらかではないかと。

もし少しでも出演するのであれば、秘密保持契約の観点から見ても、彼はこうした公表はできないように思います。自分の分の撮影は完了したと言えるかもしれませんが……J・A・バヨナ監督はそうでしたから(Instagram参照)。

ドラマが配信スタート(2021年と噂されていますが、公式発表ではありません)されても、トムさんがどんな役を演じるはずだったのかを推測することは難しいでしょう。ですから、彼のチャレンジの記憶としてこの記事を残しておきたいと思いました。