The Study of Bag End

イギリスへ拠点変更の真相

アマゾン・スタジオはドラマ版『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』の制作拠点をシーズン2からイギリス( United Kingdom )へ移転することを発表しました。シーズン1はニュージーランドで撮影を行い、政府とはシリーズ全体の合意文書を交わしていたにも関わらず、です。この発表は、(日本時間では13日)のことです。驚かなかった人はいないでしょう。

ニュージーランド政府も同様だったそうです。スチュアート・ナッシュ経済開発大臣はこの時、このように述べました。

この決定は昨日、政府に通知された。アマゾン・スタジオは、シーズン1のポストプロダクション作業を2022年6月までニュージーランドで継続すると知らせてきた。だが、シーズン2の撮影はイギリスで行われる予定だ。これは、イギリスに制作拠点を拡大し、強化するというスタジオの戦略の一環だ。私は、ニュージーランドの映画産業を非常に誇りに思っている。アマゾン・スタジオの決定は、われわれ現地の映画産業の能力やそこで働く人々の才能を反映したものではない。この決定は、多国籍企業による商業的な選択によりなされたのである。*1

そうです。これまでアマゾン・スタジオに優遇措置を図ってきたニュージーランド政府でさえ、寝耳に水の出来事だったようです。

先に、このイギリスへのロケ地移転については「シーズン2撮影のロケ地はニュージーランドからイギリスへ」でお伝えしました。ロケ地移転の理由について、一つは、ニュージーランドの経済開発大臣の先ほどのコメントにあるように、アマゾン・スタジオのイギリスでの制作拠点の増強のため。もう一つはイギリスにおけるコロナ禍のパンデミック対策を評価してのこととご紹介しました。これはアマゾンの発表や海外の記事を参照したものです。

イギリスからドラマシリーズの情報を届けてくれる YouTube チャンネル Fellowship of Fans は違った見方をしているみたいです。

アマゾンがニュージーランドからイギリスへ、製作拠点を変更を変更した一つ目の理由は、ニュージーランドでのコロナウイルスのワクチン接種の展開が遅いこと。こちらはまあ、先の記事で書いた「イギリスでの対策を評価」と裏表ではあります。それから二つ目の理由は、撮影現場にニュージーランド政府の規制機関の調査が入り、シーズン2の合意に至らなかったということ。*2

具体的に見ていきましょう。まずは一つ目の理由、ワクチン接種に関して。

ニュージーランドでは、必要回数のワクチン接種が完了した人は人口の約2割。ちょうどこの拠点移転の発表と同じ頃に、年内に完了を目指すこと、2022年初頭からは海外旅行客を受け入れたいという発表が政府からありました。 ニュージーランドと言えば厳しいロックダウンのおかげで感染拡大は防げど、ワクチンが行き渡るのはこれからなんですね。一方イギリスでは、必要回数のワクチン接種が完了した人は人口の約6割です(ちなみに日本はだいたい4割)。*3*4

Fellowship of Fans (以降は FoF と表記します)では、関係者がワクチンを接種しないと業務継続のためにコストがかかりすぎてしまうことを要因の一つとして挙げています。14日間の隔離やロックダウン、関係者が家族と離れ離れで過ごすこと……などなど。

そういえば、ガラドリエル役とうわさのモーフィッド・クラークさんは2019年末からニュージーランドにいたようなので、この8月にやっと帰国できたとしたら、1年半以上も家から離れていたことになります。

ところで、イギリスロケへの移転の決定的な要因は二つ目の理由、ニュージーランド政府の規制機関による調査にあるようです。アマゾンはこの調査に不満を抱き、シーズン2において双方の合意にこぎつけることができなかったようです。この調査の詳細は今のところ不明。*2

ニュージーランド政府とアマゾンは、約束事を合意文書にしています。シーズン全体に対するものと、シーズン毎に協議するものの二種類があるのですが、これは公にされていて誰でも閲覧できるものです。ここで、やや残念に感じる話も出てきました。

というのも、この文書の中には、ロケ地を移転するなら公表する前に知らせるべし、と書かれていたからです。アマゾンはニュージーランド政府に対して12か月前に通告しなくてはいけませんでした。けれど、実際にはアマゾンは発表の数時間前に知らせたそうです。ですから、FoF はニュージーランド政府はこれを不本意に思っていると見ています。

FoF は、「ニュージーランドに中つ国が戻ってくるのはしばらく先になるだろう」と締めくくりました。シーズン1の撮影は数週間前に終わったばかり。ニュージーランドのあるスタッフは、仕事を続けられると思っていたと話していたようです。*2

映画『ロード・オブ・ザ・リング』の頃から愛着のあるニュージーランドと、これから大いに楽しませてもらうつもりのドラマシリーズの仲間割れを見てしまったようで、悲しい気持ちです……。

こちらもおすすめ
ナザニン・ボニアディさんの役柄が明らかに(家族についても)


Notes

  1. Government pulls support for Lord of the Rings TV series – NZ Herald, posted on 13 August 2021 (accessed on 24 August 2021)[引用部は筆者による翻訳]
  2. Tweets from @FansFellowship, posted on 15 August 2021 (accessed on 24 August 2021)
  3. Coronavirus (COVID-19) Vaccinations – Statistics and Research – Our World in Data (accessed on 24 August 2021)
  4. ニュージーランド政府、2022年初めに海外旅行者の受入れ開始へ、低リスク国からのワクチン接種者は入国後の隔離免除|トラベルボイス(観光産業ニュース), posted on 12 August 2021 (accessed on 24 August 2021)