The Study of Bag End

シーズン2撮影のロケ地はニュージーランドからイギリスへ

テレビドラマシリーズ『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』は、8月2日にシーズン1の撮影を終えたと発表したばかり。2020年初頭から、コロナ禍による一時中断もありましたが、ニュージーランドで長らく撮影が行われていました。

それから10日後の8月12日。アマゾン・スタジオは、ドラマのシーズン2のプリプロダクションを2022年初頭から開始し、ロケ地はニュージーランドからイギリスへ移転するという驚きの発表を行いました(この記事では、 United Kingdom のことをイギリスと翻訳します)。ついに、原作者であるトールキン教授の故郷で映像化されることになります。

撮影開始前の 2019 年、ドラマ版『指輪物語』(以降、LOTRonPrime と表記します)はスコットランドで撮影が行われるという噂がありました。今回の発表からはスコットランドで撮影が行われるかはわかりません。

ですが、シーズン1のロケ地がニュージーランドに決定したとき、「中つ国の第二紀の原始的な美しさを表現できる場所を探しているうちに、雄大で手つかずの海岸、森、山々[…]を見つけなくてはいけないとわかった」*1と、製作総指揮のJ・D・ペインさんとパトリック・マッケイさんが語っていました。

これはシーズン2以降も変わりないでしょう。中つ国第二紀のロケーション撮影にうってつけの場所の候補は、これから現地のファンが挙げてくれることでしょう。それに、TheOneRing.net が予想するように、ニュージーランドに撮影の第二班が置かれる可能性もあるのかも。*2

このロケ地移転は、イギリス国内での撮影スタジオの拡充という、アマゾン・スタジオの戦略に基づくものだと発表しています。報道されるところでは(関係者が言うには)、別の理由も挙げられています。決定的な要因としては、番組の製作費用が高額であるがゆえ、すでにスタジオへ多額の投資をし、何作品も撮影を行ったイギリスで撮影したほうが経済的だということ。

また、イギリスのコロナ禍対策を評価してのことのようです。このコロナ禍において国際間の移動は、制限や隔離が課されます(ニュージーランド政府はちょうど、2021年中は入国制限を続けると発表したばかり)。イギリス在住のキャストが多数いる LOTRonPrime ではこの点でも都合がいいようです。*3

この移転の発表に際して、キャストからは現地の関係者を気遣う声が届いています。ガラドリエル役とうわさのモーフィッド・クラークさんは Instagram に「この二年間、アオテアロア[ニュージーランド]が与えてくれたすべてに感謝します。ニュージーランドのクルーと共に仕事をしたことは、私の人生において最大の喜びの一つになりました。」とつづりました。

また、ナザニン・ボニアディさんも Instagram へクルーの様々な部門を挙げ「あなたたちは私の心に薄れることのない印象を残しました。シーズン1を魅力的にするための尽くしてくださったことすべてに感謝します。故郷から離れた私たちの家族でいてくれたことに。」と投稿していました。

プレスリリース

以下はアマゾン・スタジオの2021年8月12日のプレス発表を筆者が翻訳したものです。素人訳ですので、ご参考程度にご覧ください。同じ理由から、ここから訳文を引用することはご遠慮ください。

アマゾン・スタジオは、タイトル未定の『指輪物語』オリジナルシリーズのシーズン2をイギリスで撮影することを本日発表した。ニュージーランドからイギリスへの移行は、イギリス全土に制作拠点を拡大し、撮影所に投資するというスタジオの戦略に沿ったものだ。アマゾン・スタジオの大ヒットシリーズや映画の多くはすでにイギリスを本拠地としている。

大いに期待された『指輪物語』シリーズは、先日ニュージーランドでシーズン1の主要撮影を終えた。2022年9月2日(金)に世界240カ国以上のプライム・ビデオで配信開始予定。

アマゾン・スタジオの副社長兼テレビ部門の共同責任者であるバーノン・サンダースは「ニュージーランドの人々と政府には、親切なもてなしと献身、『指輪物語』シリーズがこの壮大な旅を始めるための素晴らしい場所を提供してくれたことに感謝したいと思います。シーズン1の制作期間中、ニュージーランドの映画部門と地元経済を支えたニュージーランド・フィルム・コミッション、ビジネス・イノベーション・雇用省、ニュージーランド政府観光局、オークランド・アンリミテッドなどの多大なご協力に感謝しています。」と述べた。

シーズン1のポストプロダクションは2022年6月までニュージーランドで行われ、シーズン2のプリプロダクションは同時進行で、同年はじめにイギリスで開始される。

アマゾン・スタジオの最高執行責任者(COO) 兼テレビ部門の共同責任者アルバート・チェンは、「イギリスへ制作拠点を移すにあたり、ニュージーランド政府との間で締結したシーズン1の覚書による5%の財政支援を積極的に進めることや、その条件を維持することは考えていません。パートナーに敬意を表し、次のステップに向けて緊密に協議していきます。」と述べた。

この新しい大作ドラマは、J・R・R・トールキンが描いた名高い中つ国の歴史である第二紀を初めて映像化する。J・R・R・トールキンの著書『ホビットの冒険』や『指輪物語』の出来事の数千年前、比較的平和な時代に始まるこのシリーズでは、慣れ親しんだ登場人物と新しい登場人物が共演し、長きに渡って恐れられていた中つ国への悪の再来に彼らが立ち向かう姿を描く。

本シリーズは、ショーランナー兼エグゼクティブ・プロデューサーのJ.D.ペインとパトリック・マッケイが指揮を執る。リンゼイ・ウェーバー、カラム・グリーン、J・A・バヨナ、ベレン・アティエンサ、ジャスティン・ドーブル、ジェイソン・カーヒル、ジェニファ・ハッチソン、ブルース・リッチモンド、シャロン・タル・イグアドがエグゼクティブ・プロデューサーとして参加。共同エグゼクティブ・プロデューサーをウェイン・チェ・イップが務め、J・A・バヨナとシャーロット・ブラントストロームとともに監督を務める。プロデューサーをクリストファー・ニューマンが、共同プロデューサーをロン・エイムズが務める。

世界的に有名な文学作品であり、国際ファンタジー賞とプロメテウス賞を受賞した『指輪物語』は、1999年に「 Amazon customers’ favorite book of the millennium 」に選出、また、2003年には BBC の「 The Big Read 」で英国で最も愛されている小説に選出された。『指輪物語』は、約40の言語に翻訳され、1億5千万部以上の売り上げを記録している。

こちらもおすすめ

イギリスへ拠点変更の真相

References

  1. Amazon Studios Announces New Zealand as Location for Its Upcoming Series Based on The Lord of the Rings | Amazon.com, Inc. – Press Room, posted on 17 September 2019 (accessed on 15 August 2021)
  2. Amazon moves Production to UK for Season 2 of Lord of the Rings TV series | Lord of the Rings on Amazon Prime News, JRR Tolkien, The Hobbit and more | TheOneRing.net, posted on 12 August 2021 (accessed on 15 August 2021)
  3. ‘The Lord of the Rings’ Leaving New Zealand for the U.K. for Season 2 – The Hollywood Reporter, posted on 12 August 2021 (accessed on 15 August 2021)