The Study of Bag End

ハワード・ショアとベアー・マクリアリーがドラマ版『指輪物語』の音楽を担当といううわさ

この報に喜ぶ人は多いと思います。

ピーター・ジャクソン監督の映画『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』両作品で作曲を担当されたハワード・ショアさん。この度、ドラマ版『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』のためにアマゾン・スタジオと交渉中だと Deadline で報じられました。*1

ショアさんは、2021年1月のインタビューではドラマ版『指輪物語』について「連絡はありましたか? なければ、オファーがあったら検討しますか?」と切り込んだ質問に「制作側とは話していないのでフォローしていませんが、検討すると思います。」と回答していました。

ところで、Fellowship of Fans はドラマ版『指輪物語』の作曲家についてより具体的なレポートを届けてくれました。(以降、FoFと省略します)

FoFによると、ドラマ版『指輪物語』の作曲家はハワード・ショアさんお一人ではなく、メインの作曲家としてベアー・マクリアリーさんが参加するということ。うわさだがかなり有力だと自信を見せました。*2

ベアー・マクリアリーさんは、アメリカ在住の作曲家。映画音楽だけでなく、テレビドラマ、ゲーム音楽などもご担当なさっています。

マクリアリーさんは、映画『ホビット』でドワーリン役を演じたグレアム・マクタヴィッシュさんが出演するドラマ『アウトランダー』や映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、「マーベル・シネマティック・ユニバース」のスピンオフ作品『エージェント・オブ・シールド』などで有名とのこと。

トールキン教授ご自身の伝記に興味があればサイモン・ウィンチェスターの『博士と狂人』を原作にしたメル・ギブソンとショーン・ペンの共演作品をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、この映画のサウンドトラックも彼が担当されたもの。ご自身も子供時代にオックスフォードに住んでいたことがあるそうですよ。*3

ハワード・ショアさんは、ファンのみなさんには説明するまでもないでしょう。ただし、FoF によれば、ショアさんは交渉中ではなく、数ヶ月前に契約済みだということ。

Fellowship of Fans のビデオには『Anything You Can Imagine: Peter Jackson and the Making of Middle-earth』の著者イアン・ネイサンさんがゲスト出演。

ドラマ版『指輪物語』には今のところ、ピーター・ジャクソン監督の『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』に関わったキャストやクルーのアサインは発表されていません。

ネイサンさんは、ハワード・ショアさんが音楽を担当されるということは、ドラマ版『指輪物語』がPJの中つ国作品と世界観を共有したドラマを目指していることを肯定するものだと説明。*2

これは的を得た説明です。

たしかに、コンセプト・アーティストとしてジョン・ハウさんが参加しています。

キャスティングも、PJの中つ国作品の登場人物を演じた俳優と風貌が似ている人が起用されているとファンの間ではもっぱらうわさです。例えば、ガラドリエルではないかと言われているモーフィッド・クラークさんや、エルロンドではないかと言われているロバート・アラマヨさんなど(降板になりましたが、当初の予定ではウィル・ポールターさんでした)。

アマゾン・スタジオはわたしたちファンに、愛着のある世界を見せてくれるのかもしれませんね。今回は非正式な報道でしたから、お二人のアサインが真実であれば、アマゾンから然るべき形で発表して欲しいですね。

そうそう、FoF のビデオ内ではベアーさんが『ロード・オブ・ザ・リング』エクステンデッド・エディションを三作立て続けに鑑賞するくらいお好きなご様子が紹介されていました。

References

  1. The Lord Of The Rings Composer Howard Shore To Score Amazon TV Series – Deadline, posted on 19 September 2021
  2. EXCLUSIVE: COMPOSER Revealed For Amazon’s The Lord Of The Rings On Prime |LOTRonPrime|TSAS #10 – YouTube, posted on 19 September 2021
  3. The Professor and the Madman – Bear McCreary, posted on 14 May 2019