The Study of Bag End

ドラマ版『指輪物語』の動静 ―2020年10月

アマゾン・スタジオ製作のテレビドラマ版『指輪物語』(ロード・オブ・ザ・リング)のの動きを振り返ります。まだまだ、ドラマでどんなストーリーが見られるのかさっぱりわからない状況です。

目次

ドラマ版『指輪物語』、撮影は半分が完了

ドラマ版『指輪物語』は、9月下旬に撮影が再開されたと報じられました。第1、第2シーズンの監督を務めるJ・A・バヨナさんが、 Instagram のストーリーズへ撮影が半分完了した旨を投稿しました。ストーリーズは24時間で削除されてしまうため、すでに Instagram では確認できませんが、@Tolkien_News がスクリーンショットを載せてくれました。

文章の最後につけられた、魔法使いやエルフの女性、子供、男性の絵文字に何か含みがあるのだろうかと、つい想像してしまいます。

参考

一部のスタッフは第8話までアサイン

ドラマ版『指輪物語』は、現時点で第一シーズンが何話構成になるのかさえ不明ですが(クリエイティブ・チームのトム・シッピー先生は過去に20話と発言なさっています)、IMDbでは、これまでいずれの関係者も第2話までのアサインとなっていました。このページが更新され、第8話までアサインされたスタッフが出てきているということです。

IMDbによれば、コンセプト・アーティストとしてアサインされている、スティーヴン・コールマンさんもその一人。この方はTwitterで関与を明らかにしました。2018年劇場公開の『ジュラシック・ワールド 炎の王国』でもJ・A・バヨナ監督と一緒に仕事をしていたようです。

参考

ヌーメノールの海岸? ムリワイ・ビーチで撮影か

バヨナ監督は、ニュージーランド、オークランド西海岸のムリワイ・ビーチの写真をInstagramに投稿していました。ここはカツオドリのコロニーがあることで有名で、岸壁が散策できるようになっている観光地だそうです。ファンらしきアカウントから「ヌーメノールだ!」というコメントが相次いでいました。第二紀のヌーメノールが扱われるなら、ヌーメノールでも中つ国でも海辺は切っても切り離せない風景になると思いますが、撮影で訪れたかどうかも憶測の域を出ません。

この投稿をInstagramで見る

JA Bayona(@filmbayona)がシェアした投稿

参考

撮影セットの様子がリークされる

YouTubeチャンネルFellowship of Fansで、匿名の情報源から提供されたという、スタジオの写真と動画が紹介されています。ここからは、ある唯一の風景(それもヒントらしいヒントではないですが…)を除いては、リークされないように厳重に覆われたスタジオの外観がわかる……といった感じですね。

参考

カヤ・スコデラリオは『バイオハザード』リブート版に出演へ

8月に、アルウェンの母にあたるケレブリーアンを演じるのでは?と、ドラマ版『指輪物語』出演のうわさが流れたカヤ・スコデラリオは、10月初旬に『バイオハザード』映画リブート版に出演することが発表されました。彼女自身のSNS投稿を見てもニュージーランドではなくカナダにいる様子でしたし、『バイオハザード』は2021年公開を計画していて製作中ということですから、アマゾンの『指輪物語』に出演、もしくは早い段階での出演の可能性はいったん立ち消えたのではないでしょうか。

そもそも、なぜ彼女が『指輪物語』に出演するといううわさが流れたのか、経緯はカヤ・スコデラリオ出演の憶測―ドラマ版『指輪物語』をご覧ください。

参考

ドラマ版にはセクシーシーンがある…?

9月末から物議を醸していたのですが、9月末にオークランド在住者を対象に募集された俳優のキャスティングに「Comfortable with Nudity?」、「We need Nude people based in Auckland」などと記載されていたことがきっかけで、TORnを中心に賛否両論が沸き起こりました。これが『指輪物語』のキャスティングかどうかも曖昧ですし(その可能性がないとは言えませんが……)、トム・シッピー先生のお話によれば、トールキン財団はあらゆることに拒否権を発動できるということですから、ドラマ化を楽しみに待っているような人たちがひっくり返るようなものにはならないと思う(願いたい)ところです。

参考