The Study of Bag End

ドラマ版『指輪物語』に登場する人物について

ドラマ版『指輪物語』は、これまでに38人の俳優が出演し、第二紀が舞台であることも発表されました。とはいえ、第二紀は3441年間もあります。原作を熟読していてもドラマになりそうなところを特定するのはむずかしいと思います。

少し前のことになりますが、おそらく俳優を起用するにあたって必要になるであろう、各登場人物の簡潔な人物像の一覧がリークされました。

載っている登場人物は、原作を知っていても聞き慣れない名前ばかり。これは機密情報が流出するのを防ぐための偽名やコードネームと考えられ、ドラマ本番ではまったく異なる名前で登場するものと思います。その一部は原作のキャラクターであることがうわさされています。一方で、ドラマ独自のキャラクターが登場する可能性もあるのかもしれません(映画『ホビット』でのタウリエルのように)。

加えて、オーディションテープの台本も一部リークされ、書き起こしが残っています。こうしたものは、オーディション用であり本番のものとは異なる可能性が高く、ドラマの展開を知るうえで参考にはできないかもしれません。

ですが、ドラマの配信開始を楽しみに待っていて、どんな些細なことでも知って予想することも楽しみたいという人にとっては宝の山です。この人物像とオーディション用の台本、さらにはこれまでにうわさになっていることも確認しながら、どんな登場人物が出てくる可能性があるのかを見ていきましょう。

主に参考にさせていただいたのは以下の二つです。ありがとうございました。

※これから参照するのは匿名などで寄せられた非公式の情報も含まれること、さらには筆者の個人的な予想も含まれる点をご留意のうえお読みください。
※私訳が続きますが、素人による拙いものですから、ご利用になる場合は必ず参考文献から原文をご覧ください。

目次
  1. エルディエン
  2. ベルドール
  3. ネルドール
  4. タイラ
  5. オレン
  6. ブラク
  7. カリ
  8. カイリン
  9. カレノン
  10. ダリク
  11. アリック
  12. ロダ
  13. ハムソン
  14. コーラ
  15. エイラ
  16. アスタ
  17. シェイ
  18. コール
  19. ガラニオン
  20. トレヴィン
  21. メイ
  22. その他、出演が噂される登場人物

エルディエン

さっそくですが、エルディエン(Eldien)の人物像をご紹介します。前述の通り、こうした名前はすべてコードネームや偽名と思われますので、ご留意のうえお読みくださいね。

シリーズ・レギュラー、女性(2030歳)、白人
この複雑な役には、唯一無二で力強く若い女性を必要としている。20代半ばと感じられる外見でありながら、時を超越した/永遠の資質を持っていることが求められる。また、強い身体的要素が必要である。古典的で、高尚なあるいはシェイクスピア的な言葉遣いに慣れていること。古典的な訓練を受けていれば優遇される。*1

すごそうです。「時を超越した」などという記述から、高貴なエルフの女性という感じがしませんか?

そうなんです、エルディエンは主人公ではないかと報じられているほどの人物です。ドラマの配信を楽しみに待っている方なら、その主人公というのが“若き”ガラドリエルであり、モーフィッド・クラークさんが演じるという話までセットで耳に挟んだことがあると思います。*3

この投稿をInstagramで見る

BAFTA(@bafta)がシェアした投稿

最近レポートがあったばかりですが、Fellowship of Fansによる情報によると、シーズン1のガラドリエルはただ若いだけでなく、子供時代にまで遡るという話が出てきました。人間で言えば1112歳の年頃の女の子として登場するようです。これがフラッシュバックされただけの場面なのか、プロローグでの登場なのか、はたまた最初の二つのパイロット・エピソードだけなのかはわからないそう。*5

トールキン教授の記述ではエルフは人間よりゆっくり成長します(精神はその限りではありません)。ですから姿は少女に見えてももっと年齢は重ねているのでしょうね。現在発表されているキャストの中でその年頃の女の子なら、アメリ・チャイルド=ヴィリアーズさんが最もそれらしいと思いました。どう思いますか?

オーディション用の台本では、エルディエンは次で紹介するベルドールと会話をする場面がありました。女性のエルディエンに向かって「剣を納めろ!」という場面があることから、今回はガラドリエルさまも武闘派かもという憶測が飛び交っています。*4求められる人物像には「強い身体的能力が必要」とも書かれています。

ベルドールのせりふ「Put up your sword Eldien!」は「戦争をやめろ」、「和解しろ」という比喩表現でもあるようです。だから直接剣をとるわけではないかもしれません。

ところで、ガラドリエルは映画『ロード・オブ・ザ・リング』第一部のプロローグでも語りを務めました。ある種の中つ国の番人のような立ち位置にはもってこいです。彼女の目で見る第二紀として描けばピーター・ジャクソン監督の映画シリーズとも自然とつながりが持て、映画のファンにも親しみの持てる展開がつくれるのではないかという意見をしばしば見かけます。

ガラドリエルに関連する記事
👉 ヴァリノールに立つ人物が誰か明らかに – ドラマ版『指輪物語』

ベルドール

ベルドール(Beldor)もまた、主演クラスの一人です。

当初、ベルドールは子役時代に映画『ナルニア国物語』でユースチス・スクラブを演じたウィル・ポールターさんが演じると報じられました。*6*7ですが、スケジュールの都合により公表前に降板。その代わりに配役されたのがロバート・アラマヨさんだと言われています。*8彼はドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でショーン・ビーンさんが演じたネッド・スターク役の若い時代を演じました。

この投稿をInstagramで見る

The Lord of the Rings on Prime(@lotronprime)がシェアした投稿

二人とも(特にウィル・ポールターさんは)、映画『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』でエルロンド役だったヒューゴ・ウィーヴィングさんを思わせる風貌という指摘から、ファンの間では彼はエルロンドを演じるものと巷では信じられています。

以下がベルドールの人物像です。

シリーズ・レギュラー、男性(20歳〜24歳)
ドラマチックな役どころ。知性と政治的な教養のセンスを感じさせなくてはならないが、穏やかさを保ち、感情的で親密な場面でも演技力が求められる。より強い個性を持つ人物と組んだ場合は、引き立て役になることが多い。また、時にアクション重視になることもある。楽観的で20代前半に見えるべきであるが、かなり年齢を重ねている人物とは思えないような実直さも備えている。シリーズ・レギュラー。説得力のある高尚で言葉巧みなスタイル(時には準シェークスピア風)で話すことが求められる。古典的な訓練を受けていれば優遇される。*1

「より強い個性を持つ人物と組んだ場合は、引き立て役になることが多い。」という記述は、もっと華のあるキャラクターとの共演があると想像させます。第二紀のエルロンドの記述とも考えやすいですね。第二紀のエルロンドは、ノルドール上級王ギル=ガラドの許にいましたし、第一紀遅くの生まれですから他のエルフたちに比べると若いんですよね。

ところで、ロバートさんは最初の二つのエピソードでドワーフのセットにいたこと、そしてドワーフの重要な役ブラクを演じるらしいオワイン・アーサーさんと共演する場面があるというレポートがFans of Fellowshipからありました。*9

ネルドール

先ほどのベルドールと人物像がほぼ一致するのはネルドール(Neldor)。違いは年齢です。

シリーズ・レギュラー、男性(20歳〜27歳)、白人
若手男性俳優のドラマチックな役。知性と政治的な教養のセンスを感じさせなくてはならないが、穏やかさを保ち、感情的で親密な場面でも演技力が求められる。より強い個性を持つ人物と組んだ場合は、引き立て役になることが多い。また、時にアクション重視になることもある。楽観的で20代前半に見えるべきであるが、かなり年齢を重ねている人物とは思えないような実直さも備えている。説得力のある高尚で言葉巧みなスタイル(時には準シェークスピア風)で話すことが求められる。古典的な訓練を受けていれば優遇される。*1

ここまで同じなのですから、はじめはエルロンドと双子のエルロスだと想像しました。けれど、エルロスの場合は人間として生きることを選び、第二紀の早いうちに寿命を全うしますから、当然老いていくでしょう。「かなり年齢を重ねている人物とは思えないような」という記述ですから、やはりエルフ族なのかもしれません。

一部のファンの間では、ネルドールはギル=ガラドであると言われています。そしてまた『ロード・オブ・ザ・リング』でギル=ガラドを演じたマーク・ファーガソンさんに似ていることから、オーガスタス・プリューさんがギル=ガラドを演じるのではないかという憶測があります。

また、ネルドールはイシルドゥアではないかという人もいます。*10

ギル=ガラドも第一紀の遅くの生まれですから、エルフの視点で見ればエルロンドとの年齢差は誤差かもしれません。

ところでギル=ガラドの出自には諸説ありますが、クリストファ・トールキンさんが編纂した『中つ国の歴史』までドラマが参照することは権利上おそらくできないでしょう。とはいえ『シルマリルの物語』より『中つ国の歴史』のほうがトールキン教授の後年の意図にあったものと考えれば、ドラマでは彼の出自については、クリストファさんがこうするほうがよかったと書いていたようにぼかすんじゃないかと個人的には予想しています。

ギル=ガラドに関連する記事
👉 ギル=ガラドの父親は誰か – 中つ国の資料室

タイラ

タイラ(Tyra)は、ケレブーリアンではないかという憶測があります。

シリーズ・レギュラー、女性(16歳〜25歳)
ドラマチックでコメディタッチの気質を併せ持つ愉快な主要人物のために、風変わりな若い女性が求められる。個性的である。うぶな1517歳だが、年齢以上の強さと成熟した演技ができること。*1

タイラを演じるのは、2018年頃から俳優として活動をはじめたマルケラ・カヴェナーさんと早々に報じられました。一番最初に決まったのはどうやら彼女らしい。*11

この投稿をInstagramで見る

The Lord of the Rings on Prime(@lotronprime)がシェアした投稿

ドラマが第二紀のどの年代を取り上げるかはわかりませんが、指輪の鋳造やナズグールの出現、ヌーメノールの王党派の堕落といったシリアスな展開に事欠かさないことだけは予想できます。タイラはその中でコメディ・リリーフ的な役割になるのかもしれませんし、エルロンドとの恋仲が描かれることもあるかもしれません。

オレン

オレン(Oren)は、ジョゼフ・マウルさんが演じると報じられています。このニュースが出た時には、前述のベルドールタイラと対抗する立場をとると説明されました。*12 彼もまた『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演していた俳優です。

この投稿をInstagramで見る

The Lord of the Rings on Prime(@lotronprime)がシェアした投稿

シリーズ・レギュラー、男性(40歳〜60歳)
この役は、ある程度劇的な重みのある、確立された俳優のための役。悪役でありながら、深い哀愁と傷つき/堕落した高貴さを感じさせる人物である。ある程度の身体能力が必要。中年に見え、時を超越したセンスが求められる。*1

悪役です。第二紀切っての悪党といったらやっぱりサウロンですか? ファンの間ではもっぱらそういう話ですけど、20217月のTheOneRing.netからのスパイレポートにはこうも書かれていました。

サウロン/アンナタールはシーズン1では明かされない*13

「明かされない」という言葉はやや漠然としています。登場はするけど、正体は不明のままなだけかもしれませんし、まったく登場しない可能性もないとは言えないようにも思います。

もしかすると、サウロンの手先の別の人物ということもあるのかも。ドラマは5シーズンまで計画されているそうですから、サウロンはラスボス的な立ち位置で、もっと後に出てくるかもしれません(こんなことを言っている人は他に見かけませんが)。

ブラク

ブラク(Brac)は、ドワーフの重役でオワイン・アーサーさんが演じるとFellowship of Fansがレポートしています。*14

この投稿をInstagramで見る

Owain Arthur(@owainarthurofficial)がシェアした投稿

シリーズ・レギュラー、男性(3545歳)
古典的な訓練を受けた性格俳優にとって、やりがいのある役。俳優は、印象的な二人組の短気で怒りっぽい役を演じることに慣れているだけでなく、涙を誘うような感情的なシナリオで率直な演技が可能。30代半ばから40代に見え、親友、息子、夫、父親としての組み合わせとなる。説得力のある高尚で言葉巧みなスタイル(時には準シェークスピア風)で話すことが求められる。*1

人物像からは、彼の前後も含めて三世代が描かれるようですね。『ホビットの冒険』のドワーフ、ソーリンの若い頃には父のスラーイン、祖父のスロールが健在でした。ブラクは重要な役であれば、やはりドゥリンの家系に属するのかもしれません。

そしてまた夫としての顔も見せるなら、ドワーフの女性も登場するかもしれません。オーディション台本では、エマ(Emma)という人物を恋しがっている様子を見せました。*15トールキン教授のドワーフが率直にこういう物言いをするのは意外にも思えます。

また、ベルドールのところでご紹介したように、オワインさんとロバート・アラマヨさんがドワーフのセットで共演したそうですから、エルロンドとドワーフの間の友情が描かれる可能性もあるかもしれませんね。

カリ

カリ(Kari)は、ナザニン・ボニアディさんが演じると報じられています。

シリーズレギュラー、女性(30代)、多様性[のある人物]
力強く独立した女性、10代の少年の自立したシングル・マザー。美しく、誇り高く、賢くて、魅力的な女性である。村の癒やし手でもある。穏やかだが、特に不当な評価を受けたと感じた時には、激することもある。

息子や仲間たち、密かに恋心を抱く、村の人々には受けいられそうにないよそ者の男の間で板挟みになり、悩まされている……。だが、彼女が世間で本当の幸せを見つけられる唯一の人物でもかもしれない。*1

カリと次のカイリンについては先行して記事を書きました。
👉 ナザニン・ボニアディさんの役柄が明らかに(家族についても)

カイリン

10代の男の子であるカイリン(Kyrin)を演じられるのは、現在発表されているキャストの中ではタイロー・ムハフィディンくんしかいないと思います。おそらく母親はカリでしょう。

シリーズレギュラー、男性(1215歳)、人種不問
夫を失った女の息子であるカイリンは、優しく、母親に対して責任を感じている誇らしい子供だ。世界への好奇心と小さな町での生活での不満を抱く。一家の主になるべく早く成長することを余儀なくされているが、実のところまだ10代だ。彼と彼の母は仲がいいチームで、母に対する他人の意図を疑うことができる。*1

カレノン

カレノン(Calenon)を演じるのは、Fellowship of Fansによるとイスマエル・クルス・コルドヴァさんだそうです。*16

この投稿をInstagramで見る

Ismael Cruz Cordova(@ismaelcruzcordova)がシェアした投稿

シリーズ・レギュラー、男性(3545歳)
兵士と恋人の両方の顔を併せ持つ、古典的な訓練を受けた主役[の一人]の男性。たくましくハンサムで、思いつめたバイロン風の英雄(バイロニック・ヒーロー)である。ある程度の身体能力が必要。30代半ばから40代の人物だが、年齢を感じさせない人物でなければならない。説得力のある高尚で言葉巧みなスタイル(時には準シェークスピア風)で話すことが求められる。
外見:エスニシティを問わず提出してください。*1

個人的な見立てですが、カレノンはカリやカイリンと関わる人物として登場するのではないかと推測しています。「兵士と恋人の両方の顔を併せ持つ」の部分からそう予想したのですが、ナザニンさんの記事で紹介したオーディション用の脚本にはエヴェラドとして載っている人物が、カレノンではないかと思うのです。勘ぐりすぎでしょうか。どう思いますか?

ダリク

ダリク(Daric)を演じるのは、Fellowship of Fansによるとダニエル・ウェイマンさんだと確認できているそう。*17

この投稿をInstagramで見る

The Lord of the Rings on Prime(@lotronprime)がシェアした投稿

シリーズ・レギュラー、男性(3550歳)
几帳面で思慮深い、夢中にさせる俳優の素晴らしい主役級の役柄。彼は、強情なまじめさと、親切で無邪気な心持ちの間で揺れ動く。謎めいた人物で、最初は好奇心旺盛で子供っぽく、周囲の環境から非常に浮いている。だが、彼を突き動かしているのは、深く根本的な目的意識である。
言葉によらない豊かな表現力が求められる、身体的な役どころである。*1

この描写を読むと、ドワーフ族の気質を持っているように思いましたが、ダリクに関してはまだあまりわかっていません。

アリック

前のダリクと名前が似ているのがアリック(Aric)です。Fellowship of Fansによると、この人物を演じるのはチャーリー・ヴィッカーズさん。*18

シリーズ・レギュラー、男性(3040歳)
コメディ的な資質を持つドラマチックな主役には、実にカリスマ性のある男性俳優が求められる。この役は身体的要素が重要で、演技の幅の広い俳優が求められる。*1

人物像の記述は短いですが、オーディション台本では女性との会話で「生き残るためには情けをかける余裕はない」*4など、冷徹な様子を見せました。

この投稿をInstagramで見る

The Lord of the Rings on Prime(@lotronprime)がシェアした投稿

ロダ

ロダ(Loda)を演じるのは、ロイド・オーウェンさんだと Deadline は報じています。*19

この投稿をInstagramで見る

The Lord of the Rings on Prime(@lotronprime)がシェアした投稿

Fellowship of Fansによると、ニュージーランド、西オークランドのクメウ・スタジオには、「ロダのボート」と呼ばれる船がゼロから作られたようです。加えて、この船はかなり立派で大きいようで、「ロダのボート」と呼ぶくらいですからロダは船長で、富と権力を持った人物ではないかと思われるとレポートされています。また、主演クラスのキャスト二人がロダの船の乗組員で、他に12人くらい甲板員としてエキストラがいたということ。*20

人物像も読んでみましょう。

シリーズ・レギュラー、男性(47歳〜58歳)、白人
男性。40代後半〜50代。シリーズ・レギュラー。40代後半から50代の力強い主役級の男性俳優のための素晴らしい役柄。ロダは泥くさく、本心を隠し、堅実である。感情はなかなか表に出さない。体力があり、体力的にも申し分がない。力強さがある。*1

オーディションの台本では、ロダの娘との会話がありました。彼は娘を溺愛しているようです。しかし、その一方で息子とはあまり良好な関係ではない様子。息子が人生の最も重要な時期を無目的に浪費しているように思っていると、真情を吐露する場面がありました。加えて、密航者を匿っているという設定も(本番の台本ではないことを引き続きご留意ください)。*21

ロダは、高い地位にありながら私的な場面では良くも悪くも人間くさい一面を見せる人物なのかもしれません。

追加情報
👉 エレンディルを演じる俳優が明らかに(2021年10月31日)

ハムソン

ハムソン(Hamsom)は、以下の人物像を最近の出演者の発言を照らし合わせると、この人ではないかなと思えてきます。

シリーズ・レギュラー、男性(4450歳)
暖かく、魅力的で、老いている。優しく、悲しい目をしている。肉体的にきつい旅集団内には隠している病に人知れず苦しんでいる。人前では平静を装い、肉体的な苦しみは知られないようにしている。家族が彼をかばわなければならないという悲しみを隠して、魅力的で生き生きとしながらそうしている。彼は家族と強くて現実的な妻を愛している。
外見:人物像は、40代半ばから50歳の白人または混血の人物。 *1

個人的な推測ですが、ここ最近ご自身がドラマの中でホビット族のハーフットを演じると明言したサー・レニー・ヘンリーではないかと予想しています。*23

また、シーズン1のホビット族に関する話の筋は、西への移住の旅を描くということです。シーズン1の8エピソード中6エピソードでそれが描かれ、番組の中で彼らは「開拓者(pioneers)」と呼ばれるようです。これはFellowship of Fansによる確認済みの情報です。*22

コーラ

ハムソンの人物像を鑑みれば、コーラ(Cora)は彼の妻で、もちろんホビット族でしょう。

シリーズ・レギュラー、女性(3842歳)
現実的にして堅実、泥くさい。女族長として過大な重圧の下にあり、いかなる問題も隠そうとする。夫には健康上の問題があり、肉体的にきつい旅集団内では問題になりえる。その重圧と大家族のために、彼女はそっけなく距離をとっているように思われる。実際には深い愛情を抱いている。
彼女は長女に頼りすぎ、長女が危険なまでに世界への好奇心が強いことを心配している。彼女は大いに平穏な生活を望んでおり、外の世界の出来事には煩わせられたくないのだ。
外見:人物像は白人または混血の30代〜。40代の女性である。*1

レニー・ヘンリーさんは「女性のヒーローたち」の存在を示唆しましたが、コーラもまたそうした一人なのかもしれません。*23

ハムソンにしても、コーラにしても、これが本当にホビットとしての描写だったとして、わたしたちが知っている第三紀のホビットとはずいぶん違った印象がありませんか? 固定の住居なく放浪する時代の困難が描かれるのかもしれません。

人物像の一覧にはあと5人の名前がありますが、彼ら/彼女らのことはまだあまりわかっていません。

エイラ

エイラ(Eira)の人物像です。

シリーズ・レギュラー、女性(3545歳)
コメディタッチ/ドラマチックな役柄で、温かく母親らしい女性俳優が求められる。必須ではないが、歌唱力があれば優遇される。*1

吟遊詩人でしょうか? 詩を歌って聞かせてくれるような場面があったら楽しいかもしれませんね。

アスタ

アスタ(Asta)の人物像です。

シリーズレギュラー、女性(5059歳)、人種不問
5060代前半の、定評のあるパワフルな女性俳優の大役。高い地位にある婦人で、実際に背の高い人物を探している。力強いが慎みがあり、気品とユーモアを兼ね備えた女性である。シリーズ・レギュラー。
外見:人物像は多様性のある女性である。*1

「背の高い人物を探している」、「多様性のある女性」という点に着目すれば、マクシーン・カンリフさんが適役のように思いました。身長は178cmあり、確認できた女性の俳優の中では一番背が高いです。*24

この投稿をInstagramで見る

The Lord of the Rings on Prime(@lotronprime)がシェアした投稿

シェイ

シェイ(Shay)の人物像です。

シリーズ・レギュラー、女性(1824歳)、白人
体力があり、現実的で賢い若い女性。勉強熱心で野心家。真面目なところもあるが、機転が利き、ユーモアのセンスもある。どんな議論にも対応できる能力を持つ。平和の守護者であり、家族の中心人物である。彼女は政治的関心も高く、家庭内で政治的思想が分かれてきたときには特に苦労することになる……*1

コール

コール(Cole)の人物像です。

シリーズ・レギュラー、男性(1822歳)、白人
20代前半の若く剛健な男性で、18歳前後を演じることになる。責任を背負い込みやすく、分別のある精神を感じさせなくてはならない。問題を抱えているが、移り気でカリスマ性がある。優れた役柄。*1

追加情報
👉 トールキン作品でお馴染みのあの人を、マクシム・ボルドリーさんが演じると判明(2021年10月27日)

この投稿をInstagramで見る

Maxim Baldry(@maximbaldry)がシェアした投稿

ガラニオン

ガラニオン(Galanion)の人物像です。

シリーズ・レギュラー、男性(4050歳)
男性。シリーズ・レギュラーか、繰り返し出演の可能性がある。
この役の人物像は、40代後半から50代前半。気品に満ち、非常に真面目な男性である。彼の民の導き手で、賢く極端に現実的である。彼は大義のために操ることを恐れない。古典的な主演級の男性を探している。
古典的で、高尚な、あるいはシェイクスピア的な言葉遣いに慣れていること。古典的な訓練を受けていれば優遇される。
外見:エスニシティを問わず提出してください。*1

以上が、コードネームと人物像のわかっている19人の登場人物です。加えて、俳優とコードネームが紐付いている俳優もいますので、合わせてご紹介します。

トレヴィン

サイモン・メレルズさんは、彼のエージェントのWebサイトにトレヴィン(Trevyn)役と掲載されています。*25

人物像は不明です。

メイ

ミーガン・リチャーズさんはメイを演じるというレポートがあります。*26

その他、出演が噂される登場人物

ケレブリンボール

ケレブリンボールはコードネームでなくトールキン教授のキャラクターですが、この役は降板したトム・バッジが演じていたという噂があります。その一方で、降板したくらいなのだからケレブリンボールほど重要な役ではなかったのではないか、という意見も見られました。

ガラドリエルの兄

詳しくはこちらをどうぞ。
👉 ヴァリノールに立つ人物が誰か明らかに – ドラマ版『指輪物語』

References

  1. Full Character Breakdowns For Amazon’s ‘Lord of the Rings’ TV Series – Knight Edge Media, posted on 9 January 2020. [いずれも筆者が英語から日本語へ翻訳した]
  2. Amazon’s ‘Lord of the Rings’ Main Characters Revealed—Exclusive | Observer, posted on 25 November 2019.
  3. ‘Lord of the Rings’ Series Finds Galadriel in Morfydd Clark – Variety, posted on 17 December 2019.
  4. Four audition tapes for Amazon’s Lord of the Rings revealed; Markella Kavenagh likely to play an elf – Redanian Intelligence, posted on 20 October 2019.
  5. EXCLUSIVE: Major Hobbits Updates + Character Leaks for The Lord Of The Rings On Prime | TSAS #13 – The Fellowship of Fans (10:11-), 18 October 2021.
  6. ‘Lord of The Rings’ Series at Amazon Casts Will Poulter (EXCLUSIVE) – Variety, posted on 4 September 2019.
  7. ‘The Lord Of The Rings’ Amazon TV Series Casts Will Poulter As A Lead – Deadline, posted on 4 September 2019.
  8. ‘The Lord Of the Rings’: Robert Aramayo To Star In Amazon TV Series – Deadline, posted on 7 January 2020.
  9. EXCLUSIVE: Big DWARVES Leaks for The Lord of The Rings on Prime- LOTRonPrime | TSAS #8 (1:48-), 31 August 2021.
  10. Cast of LOTRonPrime EXPLAINED | The Lord of the Rings on Prime Casting Calls – YouTube (1:45-), posted on 5 May 2021.
  11. ‘Lord of the Rings’ Series Taps First Cast Member (EXCLUSIVE) – Variety, poseted on 22 July 2019.
  12. ‘The Lord Of The Rings’: Joseph Mawle To Star In Amazon Series – Deadline, posted on 21 October 2019.
  13. Spy Report: 20 new details emerge from Amazon’s Lord of the Rings: Characters, Sexless Nudity and Halflings! – TheOneRing.net, posted on 20 July 2021.[日本語訳
  14. EXCLUSIVE: Big DWARVES Leaks for The Lord of The Rings on Prime- LOTRonPrime | TSAS #8 (6:32-), 31 August 2021.
  15. New audition tapes for Amazon’s Lord of the Rings hint at Númenor – Redanian Intelligence, 27 November 2019.
  16. EXCLUSIVE: Major Hobbits Updates + Character Leaks for The Lord Of The Rings On Prime | TSAS #13 – The Fellowship of Fans (16:36-), 18 October 2021.
  17. EXCLUSIVE: Major Hobbits Updates + Character Leaks for The Lord Of The Rings On Prime | TSAS #13 – The Fellowship of Fans (20:40-), 18 October 2021.
  18. EXCLUSIVE: Major Hobbits Updates + Character Leaks for The Lord Of The Rings On Prime| TSAS #13 – YouTube (23:25-), 18 October 2021.
  19. ‘The Lord Of the Rings’: Lenny Henry Among 20 New Cast Additions – Deadline, posted on 3 December 2020.
  20. EXCLUSIVE: One MAIN Númenor Character Revealed + Actor For The Lord Of The Rings On Prime| TSAS #9 – YouTube, released on 13 September 2021.
  21. Audition for Amazon’s Lord of the Rings hints at possible recast and other casting tidbits – Redanian Intelligence, posted on 26 September 2020.
  22. EXCLUSIVE: Major Hobbits Updates + Character Leaks for The Lord Of The Rings On Prime| TSAS #13 – YouTube (3:30-), 18 October 2021.
  23. サー・レニー・ヘンリー、自らの役柄、部族、原作について語る(!) – ドラマ版『指輪物語』 – The Study of Bag End, 11 October 2021.
  24. Maxine Cunliffe | Auckland Actors
  25. Waring & McKenna | Simon Merrells.
  26. UPDATED: Amazon’s Lord of the Rings adds more actors and more roles revealed – Redanian Intelligence, posted on 22 May 2020.

アップデート履歴

2021年10月31日
ロダの役柄、俳優について追記
2021年10月27日
コールの役柄、俳優について追記