The Study of Bag End

指輪戦争のこと

指輪戦争(The War of the Ring)は、第三紀の終わりに中つ国北西部で起きた大きな戦争のことを指す。この指輪とは、サウロン一つの指輪のことである。戦争は、第三紀3018年から翌年3019年まで続いた。アイゼンの浅瀬の合戦、アイゼンガルドの合戦、角笛城の合戦ペレンノール野の合戦、ホビット庄の水の辺村の合戦は、この戦争の一部として数えられる。
言及される作品:指輪物語シルマリルの物語