The Study of Bag End

ハイフィールド通りの家

オラトリオ会からほど近いハイフィールド通りにトールキンが住んだのは、1910年1月から1911年秋にオックスフォードへ行くまでの期間です。1

ハイフィールド通りの旧宅

この時期、トールキンの環境は波乱に満ちていました。前の家、ダッチェス通りで出会ったエディスさんとの恋仲を後見人のフランシス・モーガン司祭に禁じられたうえ、オックスフォード大学の奨学金試験に落ち、次の試験のために憂鬱をかかえて勉強していたのでした。後に、裂け谷のインスピレーションを得るなどしたスイス旅行もこの頃のことですね。2

バーミンガム市とトールキン・ソサエティが設置したブルー・プラークが掲示されています。

ブルー・プラーク

場所

オラトリオ会からほど近い場所にあります。プラウ・アンド・ハロウが面している交差点のハイフィールド通りを南へ少し行くと、この建物が見つかります。

Tags:

New Articles

Recommend