The Study of Bag End

ベレンのこと

ベレン(Beren)は、第一紀に生きたベオル家系のバラヒアとエメルディアの息子である。彼は後にドリアスに迷い込み、エルフの一氏族、シンダール族ルーシエンと恋に落ちる。
J・R・R・トールキンと妻エディスの眠るオックスフォードの墓には、トールキンの名前の下にベレンと刻まれている。

登場する/言及される作品(一部):シルマリルの物語|ベレンとルーシエン