The Study of Bag End

アル゠ファラゾーンのこと

アル゠ファラゾーン(Ar-Pharazôn)は、第25代ヌーメノール王である。彼は最後のヌーメノール王である。彼は、ヌーメノール島の没落に大きな影響を与えた。その顛末は『シルマリルの物語』収録の「アカルラベース」で読める。
アル゠ファラゾーンはアドゥーナイクの名前だが、クウェンヤではタル=カリオン(Tar-Calion)といった。いずれも「光の息子」の意である。
登場する・言及される作品:シルマリルの物語終わらざりし物語