The Study of Bag End

トーヴェ・ヤンソン挿絵『ホビットの冒険』(フィンランド語版)

トールキンの生誕125周年、イギリスでの初版刊行から80周年を記念して、2017年9月にフィンランド語版『ホビットの冒険』新装版が発売されました。トーヴェ・ヤンソンによる挿絵が収録されています。日本に住んでいる人なら誰でも知ってるのでは?と思うほど、ヤンソンのムーミン作品は著名ですね。

トーヴェ・ヤンソンが最初に『ホビットの冒険』に挿絵を描いたエディションははじめ、スウェーデン語版『Bilbo: en Hobbits Äventyr』が1962年に刊行されました。当時、ストックホルムの出版社Rabén & Sjögrenに勤めていたアストリッド・リンドグレーンがヤンソンに熱意のこもったアプローチをして実現。

フィンランド語版は1973年にKustannusosakeyhtiö Tammi社から刊行されました。今回の80周年記念版の装画は、そのフィンランド語版『Lohikäärmevuori』初版を復刻したもの。挿絵ももちろんトーヴェ・ヤンソンによります。

これまで日本で行われたムーミンやトーヴェ・ヤンソンに関する展覧会で、彼女の『ホビットの冒険』のための絵に興味を持たれた方は少なくないと思います。フィンランド語は読めないという(わたしのような)人でも、ヤンソンのイラストがお好きな方なら持っていて損のない一冊だと思います。

紹介動画

書籍写真

表紙
写真をもっと見る
背表紙
スロールの地図
挿絵(第一章「思いがけないお客たち」より)

書籍情報

Hobitti eli Sinne ja takaisin
(80-vuotislaitos)

著 J.R.R. Tolkien
訳 Kersti Juva, Panu Pekkanen(フィンランド語)
絵 Tove Jansson
あとがき Brian Sibley

発売日
出版社
WSOY
ISBN
9510427926 / 9789510427927
ページ数
340頁
言語
フィンランド語
定価
公式情報
Hobitti eli Sinne ja takaisin (80-vuotislaitos)

出版社による紹介文

原文
2017 on kulunut J. R. R. Tolkienin syntymästä 125 vuotta ja Hobitin ilmestymisestä 80 vuotta. Tuplajuhlan kunniaksi Hobitti ilmestyy uutena laitoksena Tove Janssonin kuvittamana.

21.9.1937 julkaistiin Englannissa ensipainos Tolkienin fantasiaromaanista Hobitti. 23 vuotta myöhemmin Rabén & Sjögrenin kustannustoimittaja Astrid Lindgren pyysi Muumi-kirjoillaan jo mainetta niittänyttä Tove Janssonia kuvittamaan Hobitin, josta oli tekeillä uusi ruotsinnos.Hobitin 80-vuotislaitos sisältää Janssonin satumaiset kuvat alkuperäispiirroksista suoraan kuvattuina ja aiemmin vain Hobitin ensimmäisessä suomennoksessa Lohikäärmevuori käytetyn kannen. Brian Sibley kertoo jälkisanoissaan koko huikean tarinan siitä, kuinka Hobitin kuvitus toi yhteen kolme kirjallista jättiläistä – J. R. R. Tolkienin, Astrid Lindgrenin ja Tove Janssonin.

DeepLによる翻訳
2017年は、J・R・R・トールキンの生誕から125年、『ホビット』の出版から80年という節目の年です。このダブルアニバーサリーを記念して、『ホビット』はトーベ・ヤンソンのイラストによる新装版で出版されます。

1937921日、トールキンのファンタジー小説『ホビット』の初版がイギリスで出版された。その23年後、Rabén & Sjögren社のアストリッド・リンドグレンは、スウェーデン語版の新刊として出版される『ホビット』の挿絵を、ムーミン本ですでに名を馳せていたトーベ・ヤンソンに依頼しました。J・R・R・トールキン、アストリッド・リンドグレーン、トーベ・ヤンソンという三人の文豪が、『Hobbit』のイラストによってどのようにして結ばれたのか、ブライアン・シブレー氏はあとがきでその全貌を語っています。

トーヴェ・ヤンソンに関する記事

参考文献

  1. Tove Jansson freed herself from the “Moomin style” when illustrating The Hobbit, posted on 25 September 2017.