The Study of Bag End

第四紀の指導者と妻たちの年齢

第四紀の指導者と妻たちの年齢
Twitterで見る

第四紀以降の人間の王国を担う指導者の3組の夫婦、アラゴルンとアルウェン、ファラミアとエオウィン、エオメルとロシーリエルの年齢を並べました。年齢は第三紀3019年時点で算出しています。図には記載していませんが、第三紀241年生まれのアルウェンは、この時2778才です。ロシーリエルを除いて『指輪物語〈追補編〉』を参照すると年齢がわかります。1

草稿集『中つ国の歴史』シリーズの『The Peoples of Middle-earth』を確認すると、ドル・アムロスの血筋の家系図が載っています。ロシーリエルは第三紀2999年生まれでイムラヒル大公の末娘だということがわかります。2 ロシーリエルと祖父母を同じくするいとこの関係にあるのがボロミア、ファラミア兄弟ということになります。

出典

  1. ^J.R.R.トールキン(著) 瀬田貞二、田中明子(訳) 『新版 指輪物語〈追補編〉』 評論社 1992年 「B 代々の物語(西方諸国年代記)」 p.104、p.111、p.113、p.114
  2. ^J.R.R.Tolkien, Christpher Tolkien(ed.), The People of Middle-earth The Line of Dol Amroth p.221
Tags: | | |

New Articles

Recommend