The Study of Bag End

中つ国への手引き

さまざまな読書の大海原を泳ぎ着いて、または映画シリーズを見て、もしくはおすすめを受けて…。これから「トールキン作品を読んでみよう」と思われるかたに向けて、J.R.R.トールキンの世界を楽しむための手引き、読む順番の案内を、僭越ではありますがわたしなりに書いてみようと思います。

もくじ

  1. 手始めに映画を観ようと思っているかたへ
  2. 心構え(というほどたいそうなものでもない)
  3. まずはじめに 〜ホビット、指輪、…シルマリル?
  4. 第三紀の出来事をもっと、あるいは、気の遠くなるくらい過去へ
  5. 映像を楽しむ
  6. おわりに

手始めに映画を観ようと思っているかたへ

このページを読んでいるのも何かのご縁と思って、先に原作を読んでみませんか?中つ国への第一歩は「まずはじめに原作を読み、映画を観る」。私のおすすめの順路を言うのであれば、これに尽きます。

これには私の後悔が含まれています。『ロード・オブ・ザ・リング』第二部の映画を観終えるまで、若かりし私は何でも「映画を見てから原作を読む」というスタンスでした。第一部の映画を観たら、第一部の原作を読み、第二部の映画を観たら、第二部の原作を読む、ということをやっていたのです。

ところが原作の第二部は、映画の第二部よりも物語が先へ進みます。その頃には物語に夢中で、続きが気になって仕方がなくなっていき、第三部まで進んで読み終えてしまいました。知らないことが書かれているページを次へ次へとめくるのは、楽しい体験でした。そして、それでも映画はとてもおもしろかったのです。

ゆえに、映画は良作ですが、読書を通じてご自身で世界を思い描きながら読むことのほうが、何ものにも代えがたい価値のあることだと今は信じています。
私はこの体験を通して、日々の暮らしの中で視覚から得られる情報に頼りすぎていることに気がつきました。それは人間の発達や進歩ではなく、不精ではないかと思うのです。

もしも原作より先に映画を観た場合、登場人物を想像して全く俳優の顔を思い出さないということはないでしょうし、風景を容易に思い浮かべることができるでしょう。ですが、それは自分の感覚を楽しむというよりは、映画の追体験と言えます。お気に入りの物語であればそれはそれで楽しいものです。でもこれは、後からいくらでもできることです。

もし、すでに映画を観てしまったかたがこの手引きを読んでくださっているのなら、映画の記憶をいったん奥にそっとしまい、原作を手にとってみてください。一度、他の物語の中へ行って戻ってきてから読むのもいいかもしれません。

原作を読んでみようと思われているかたの中には、映画を観たい気持ちを携えているかたも少なくないでしょうから、映画を観ることについてもご案内します。

心構え(というほどたいそうなものでもない)

はじめから終わりまで順番に読んでもいいですし、読みにくさを感じたら先のページへ進んで戻ってくるとか、よくわからなくなったら前に戻ってもう一度読んでみるとか、趣味の読書ですから、そういうことは自由にやったらいいと思います。読書にルールなんてありませんからね。

もしむずかしく感じたら、完全に理解しようという意気込みはいったん捨てましょう。わからなさもおもしろいものだととらえてみてはどうでしょうか。何度読んでもおもしろく、得るもののある本というのは得てしてそういうものです。

まずはじめに 〜ホビット、指輪、…シルマリル?

中つ国への入り口となるのは『ホビットの冒険』か『指輪物語』です。どちらも独立した物語として読めるので、興味のひかれるほうを選ぶとよいでしょう。

『ホビットの冒険』は、トールキンの子どもたちのために書かれた物語。児童書として書かれています。ドワーフに雇われて旅に出るホビットの物語です。日本語で読むなら、岩波書店から出ている『ホビットの冒険』が読みやすいでしょう。原書房の『ホビット ゆきてかえりし物語』もありますが、こちらは注釈版で初読時にはオーバースペックです。とはいえ物語として読むこともできるので、書店や図書館で文章を読み比べて、馴染みやすいほうを選んでください。こちらを読む場合、脚註はいったん無視して読むといいです。

『指輪物語』は日本語訳は今のところ瀬田貞二さんが翻訳されているものしかありません。十分扱いに注意したほうがいいのは、第一巻「旅の仲間」上巻の終わりに収録されている「訳者あとがき」です。あとがきがこんな場所に差しこまれているのがよくないんですが、クライマックスの顛末が書かれています。「追補編」は『指輪物語』の背景を理解するのに役立ちます。

この二冊のおさらいがしたいと思ったら『終わらざりし物語』下巻の「エレボールの遠征」、『シルマリルの物語』収録の「力の指輪と第三紀のこと」が役に立つでしょう。前者は『ホビットの冒険』を、後者は『指輪物語』を別の角度から語っています。物語を俯瞰して見ることができるようになれば、解釈が深まるでしょう。

読書に慣れているかたははじめに『シルマリルの物語』を手にとってみるのもいいかもしれません。この物語はトールキンの創作の原点で天地創造も含まれる、美しい物語群です。本文に目を通してご判断ください。

第三紀の出来事をもっと、あるいは、気の遠くなるくらい過去へ

トールキンの物語をもっと知りたいとお思いになったら、ぜひ読んで欲しい作品が二つあります。

指輪戦争の物語をもっとよく理解したいとお思いでしたら、『終わらざりし物語』下巻を読むのも一手です。『終わらざりし物語』はトールキン亡き後、ご子息クリストファが膨大な遺稿の中から興味深いものを集めて本にまとめました。これまでの本と少しちがい、唐突に終わったり、似たような話が複数あったり、つじつまがあわなかったりします。トールキンの遺稿を読むにあたっては、彼の最終的な意図ではなかった可能性も念頭に入れておくといいです。

ビルボ・バギンズとフロド・バギンズの冒険があったのは通算しても百年に満たないのですが、トールキンが作った中つ国を含む世界の歴史ははるかに長いです。過去に神々とエルフ、人間の長い物語があります。世界の成り立ちを知ろうと思ったら先に『シルマリルの物語』へ進んでください。

『終わらざりし物語』下巻を先に読んだ場合でも、その後は『シルマリルの物語』へうつりましょう。この本は読了まで時間がかかるかもしれませんが、この物語群を知っているとトールキンの物語の色彩はもっと彩りがゆたかになっていくので、どうか気長に向き合ってみてください。『終わらざりし物語』上巻は、『シルマリルの物語』のあとに読むと理解しやすいでしょう。

映像を楽しむ

『指輪物語』の映画化『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビットの冒険』の映画化『ホビット』の両三部作も、もちろん興味のあるほうから観るといいです。

おすすめを言わせていただくとすれば、『ロード・オブ・ザ・リング』を先に観ることです。順序としては第一部「旅の仲間」、第二部「二つの塔」、第三部が「王の帰還」です。コレクターズ・エディションとスペシャル・エクステンデッド・エディションがありますが、コレクターズ・エディションとは劇場公開版のことです。『ロード・オブ・ザ・リング』に関してはスペシャル・エクステンデッド・エディションを観るといいです。

『ホビット』のほうは第一部「思いがけない冒険」、第二部「竜に奪われた王国」、第三部「決戦のゆくえ」です。最初はコレクターズ・エディションでも十分かもしれません。

おわりに

ここまでたどり着くにはけっこうな時間が必要になるでしょう。でも、実はトールキンの世界の大海原ではほんの入り口。もう一度最初から読むのもよし、トールキンの他の著作を読むのもよし、研究や解説された本を読んでみるのもよし、ゲームもいくつか出ているし、ファンの人と議論してみるとか、楽しみかたはたくさんあります。思い思いに楽しませてくれるのもトールキン世界の魅力です。