Trotter and The Journey to Weathertop

ぶよ水の沼地で、水よりぶよが多いじゃないかっていうアイデアは最初からのよう。

ぶよ水=Midgewater

本稿でサムがいう「ホビットを食べられない時は何を食べてるんだった?」という台詞はオドが言う。
この道だからこそ乗り手の追跡が避けられたのだなぁ。
ブリー村を出て5日目、低い丘(複数形)の山並みが見えてきた。
風見が丘ですね。翌日昼にはそこにつくだろうとトロッター。
トロッターの正体、いまだ不明。
P168 “We shall see what we shall see”って使えそうな表現。
“I shall become a wraith”とまだまだお気楽ビンゴが言う。

P169でギルガラドとエレンディルの前身のヴァランディルの名前が出てきた。